Home > ニュースリリース
2015.03.26
志望動機の捉え方

就活生にとって非常に良記事だと思います。

就職活動で必ず聞かれるのが【志望動機】です。
しかし、この志望動機を考えるのって非常に難しいですよね?

ついつい自分の人生目標や夢をアピールしがちになってしまうと思いますが、本来であればこの記事の通り、志望動機というのは、

「その企業のビジネスにどこに興味を覚えて、どういう仕事に取り組みたくて、どういうことが出来るのか」

とするべきです。
特に、「その企業への興味」という部分においては、非常に重要です。そもそも興味がないと、仕事自体を好きになれません。結果、早期退職に繋がってしまう恐れもあります。

興味を持つためには、まずはその企業や業界のことを「知る」必要が不可欠で、そのために企業研究が重要になってきます。
OB・OG訪問をして、実際に働いている先輩社員から業界の動向や普段の業務内容を聞いたり、本やインターネットで情報収集したり、会社説明会に足を運んでみるといった具合です。

社会人の転職と違って、学生の場合はこれまでの業務経験をアピールすることができません。なので、夢や人生目標をアピールしがちになってしまうと思いますが、それよりも、業界のことを徹底的に研究し、その業界のマーケット動向やトレンドを知識として蓄えておくことで、企業(業界)への興味をアピールすることができるようになり、結果的には企業側から興味を持ってもらえるということに繋がっていくと思います。

【記事リンク】
http://blogos.com/article/108603/


            1/9  次のページ